Concept

ソフト素材の虫系ルアーが圧倒的に多い現在だが、実はハードボディでの虫ルアーという構想は相羽の頭の中には常にあった。虫としてソフト素材では表現し切れない部分があまりにも多いとも感じていたからだ。

相羽がまず必要だと感じたのは、甲虫が水に落ちたときに生じる硬い着水音。これによりファーストインパクトで確実に広範囲のバスへアピールすることができる。それを実現した上で、艶かしく動く足や羽の要素が必要だったし、ただ巻きで広範囲を積極的に攻められる能力も欲しかった。さらに一点をしつこく狙える性能も疎かにできない。このほか、こだわりたい部分は数え切れないほどある。

これらすべてを納得いくまで突き詰めつつ、オリジナリティがあって、さらに使っていて楽しいルアーを作れないか?  こうして誕生したのがREALIS GRADE Aの真虫だ。

虫系ルアーを手がけるようになってから10年。虫の生態や、それに影響されるバスの行動、天候や水質との兼ね合いまでを考察し、フライパターンをも研究してきた相羽だからこそ、ここまでの完成度に仕上げられたと言っても過言ではない。

真虫は誰もが虫パターンを楽しめて、使うほどにアングラーのオリジナリティを引き出してくれるルアー。

相羽が世に解き放ったコイツは、きっとバスフィッシングの楽しみを大きく広げてくれるに違いない。

Concept Movie

釣れる虫の特長

・足であり羽であるラバーが艶かしく誘う

・音出しとストッパー役は柔らかい羽が受け持つ

・2ピース構造が本物以上に虫を演出

・浮き過ぎず沈み過ぎない絶妙な浮力がリアル

・相羽があたためていたハードボディという仕掛け

詳しくはこちら>>

title



Q:季節は何時?
A:最盛期は5月から

Q:よく釣れる時間帯は?
A:マズメもド日中もOK

Q:どんなフィールドが合う?
A:出ている虫の種類で変えよう

Q:釣りやすい天候は?
A:基本は曇天でしょう

Q:マッチする水質は?
A:やはりクリアウォーターが有利

詳しくはこちら>>

title

相羽直伝!真虫のポテンシャルを引き出す基本とは?

その1. キャストは腹打ちキャストでバスの意識を集中させるべし!
その2. 誘い方はステイからただ巻まで変幻自在!

詳しくはこちら >>

title

ひとつの真虫で様々なシチュエーションに対応できる!

少ない手持ちルアーを効果的に役立てる!

「陸っぱりでは、持っていけるルアーの数は限られますよね。だから少ないルアーでいかに色々なパターンを攻め切ることができるかがポイントになります。真虫を数色とフェザー類を持っていけば、チューニング次第で実に多くの釣り方が可能になる。それを紹介しましょう」

詳しくはこちら >>

title

優秀作品には、豪華賞品を授与!

「腕自慢集合!真虫カスタムコンテスト」


真虫カスタムキットを使って真虫カスタムコンテストに応募しよう!!

詳しくはこちら

title

優秀作品には、豪華賞品を授与!

「真虫 ファイトフォトコンテスト」

誰にでもチャンスがある、他にないフォトコン開催!!


釣りの喜びは魚のサイズだけではないはず。 初めてトッププラグで釣ったときの感動を、レアリス真虫でもう一度。 あなたの喜びを写真で伝えて、豪華賞品を狙おう! 詳しくはこちら